会社で使われる印鑑の紹介

角印イメージ

会社を設立するに当たりその会社の印鑑を作成するのは必須の条件となります。
会社の印鑑というと主に代表者印や銀行印、角印などがあります。
これら会社を運営していくにあたり必ず必要になってくるものになります。
しかしこれらの他にも会社で使用する印鑑というのはあるのです。
こういった種類のものがあるというのをちらっと紹介していきましょう。

まずは先生印、資格印、職印といったものです。
この印鑑は弁護士や建築士などの資格を持った人が利用する印鑑のことをいいます。
それらの職種の方が利用する契約書などの重要な書類の時に使われたりします。

次に住所印、社判といったものです。
これは会社の名前、住所などが記載されており領収書などに利用することが多いです。
主にゴムのスタンプタイプのものが重宝されているようです。
どの会社でも使われる頻度は高いといえるでしょう。

次に日付印というものがあります。
これは日付が記載されているタイプのはんこでその日付を変更することで毎日使うことができます。
主に受領済みなどの確認の際に使われるタイプのはんこになります。

最後に紹介するのは一行印と呼ばれるものになります。
その名の通り一行の文字で構成されているはんこになります。
住所や名前の他に請求書在中、振り込み済みといった言葉などを印字させることが多いです。
この一行印を組み合わせて使うことで幅広い用途での使用が可能になります。

簡単な説明となりましたがこれらの印鑑というのが持っていると助かるかと思います。
当然この他にもまだまだ種類はあります。
自分の会社を見てどの印鑑が必要かを見極めるのも大切な仕事と言えるかと思います。

インターネットでシャチハタ印鑑を買う場合はお勧めのサイトです。

引用元:[日本印章社 印鑑卸売工房] 高品質のご印鑑・はんこを卸売り価格でご提供。
印鑑・はんこのお買い求めは専門店

引用文:

なつ印時にシャッターが自動的に開くウィングシャッター機構を採用。
携帯時に安心なロック付きで、片手で簡単に操作できます。
●印面サイズ:直径9mm インキ:6色 書体:8書体 ●商品サイズ:φ22.0×21.7×66.0mm 重量:約14g

ページの先頭へ