印鑑の用途と組み合わせ

イメージ画像

印鑑は、用途に合わせて種類があります。
単品で発注することも可能ですが、通常は組み合わせたものがリーズナブルです。

まずは実印!不動産の売買や賃貸、自動車などの社会生活上の貴重品、また、何かの保証人になるような場合など、印鑑の持ち主自身の人生や人格を背負うような状況において、事前に登録しておいて使用するものです。
役所で登録手続きをすると、「印鑑証明」というカードが発行され、登録を証明する書類が欲しい時には、印鑑そのものではなくこの印鑑証明を持参の上で役所に申請に行きます。家庭では、安全の面から、実印と印鑑証明は別個に保管しておくべきです。
また、銀行印がありますが、これは文字通り銀行などで口座を開くために使われます。実印や後述する認印を併用しても構いませんが、やはり防犯上の理由から別個にします。

そして認印は、いわゆる確認印であり、高額な金銭や家土地のやりとりほどではないが、本人が確認しましたよ、という程度の内容の際に使用されるもので、サインで代用される場面も多いかも知れません。
日常最もよく使う印鑑となりますので、ある場所がすぐに分かるようにしておくのが良いです。

はんこ屋さんで購入する場合、これら3本をセットで頼むと、印面も関連性のある書体や彫り方で作ってもらえますし、統一感がある訳ですが、価格も単品で頼むよりはお得になります。
この他、事務文書を訂正する際に使用する訂正印があり、これは、上の3本よりもかなり細く特徴的です。
家庭ではあまり使いませんので、訂正印も含めた4点セットというのは見かけません。
用途にあった印鑑を、よりお得に揃えて下さればと思います。

印鑑は重要
http://www.allyoucaneatlovediet.com/
印鑑は信用を左右する
http://www.admin2007.com/

このページの先頭へ